岡山県岡山市の工務店

  • 家づくりの小冊子プレゼント
  • エアサイクルの家
  • 3.15
    お問合せはこちら
  • 太陽光発電 施工実例
2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • TOP
  • » ブログ日和

墨付け

今日は、大工さんが材料に墨付けをしていました。

墨付けとは、柱や桁など木材を刻む(加工)ために、切断箇所

や穴を掘る箇所に印をつける作業を言います。新築などは、

プレカットといってパソコンで入力しとけば、機械があっという

間に材木を加工してしまいますが、古い家をさばる時など、

そんなに簡単にはいきません。今や墨付けが出来る大工も

減ってきています。

墨付けに使う道具ってしていますか?

墨つぼ・墨さし・さし金・検竿(けんざお)などあります。

検竿は、万能物差しといいましょうか、一軒の住宅建築の基準に

なる物差しで、細長い角材に尺寸法以外に各部の高さなど記入

しておき墨付けから工事中の物差として現場で使います。

古民家リフォーム

築100年は経っている民家のリフォーム

が始まりました。

壊すだけで大仕事です。

100年の間に積もったほこりが舞

現場をすごいことに!

金のとりから

奉還町にある、「金のとりから」に行きました。

ちょい前は、よくテレビにでたり、からあげグランプリ

で金賞を受賞するなど有名なから揚げ店です。

岡山のお店は、「ばくだん焼き」という、でかいたこ焼きが

メインみたいです。

金のとりからは、衣の目が細かく、サクサクジュシ~

なところが、Goo~   

あと、から揚げにかけるスパイスが、10種類ほどあります。

変わり種が・・・チョコ(食べたことないので味は?)

残念なことに、岡山ではスパイスの数が少なかった。

(参考:京都にはたくさんのスパイスがあります。)

また、金物屋さんにお使いに行った時、食べよう っと!

家具搬入

札幌から丸一日かけて、歯科医院の家具が到着しました。

駐車場には、溢れんばかりの家具でいっぱいです。

全部、納まるのでしょうか?

左官工事

今日から、某会館の外部の左官工事が始まりました。

寒い日が続きますが、晴れの日が続きそうなので

作業も順調に進みそうです。

ちなみに、今日は節分 太巻きの丸かじりに感謝をして

家内安全を願いつつ、黙々と太巻きを食べました。

食後は、豆まきです。結婚当初から豆まきは

家の電気を消して、各部屋ごとに「福は内」と声をかけながら

豆をまき、最後に玄関を開けて「鬼は外」と叫びながら豆を

まきます。

結婚前は、こんな風習がなかったのでカルチャーショックを

受けました。どこの地域の風習なんでしょう?

節分のシメは、歳の数だけ豆を食べる。年々食べるのが

苦しいです。 今日、体重計に載るのが怖い。

今年の恵方は?

節分で、ここ数年すっかり定着したのが

「恵方巻きを食べる」習慣ですね。

巻きずし大好き人間としては、太巻きを一本丸ごと

食べれるなんて幸せな風習です。

というわけで恵方巻きの食べ方を紹介しましょう。

①巻きずしをひとり一本準備します。

 巻きずしは切らずに丸ごと一本持ちます。

 福を巻き込んだ寿司なので、包丁を入れると縁が切れ

 福が逃げてしまうので絶対に切らないでくださいね。

②その年の恵方を向く

 恵方とは、その年の福を授ける年神様がいる方向です。

 今年は北北西のやや右を向いてください。

③願い事をしながら、黙々と最後まで食べてください。

 しゃべると運が逃げてしまいますよ。

 食べ終わるまで絶対に口をきかないようにしましょう。

最近では、お菓子やサンドイッチ風の太巻きもあるみたいで

お子様も楽しめますよね。ぜひ、チャレンジしてみてください。

節分の準備

2月3日、節分と言えば豆まきですよね。

今日は、吉備津彦神社で豆まきをするステージを

作りに行きました。午後からは風が強く、寒さも倍増でしたが

組むのも手馴れたもので、2時間ほどで作業は完了しました。

参拝者の方も年々増え、福をとるのも大変みたいです。

節分の次の日が、立春ですが、春はまだ先みたいですね。

お久しぶりです。

何カ月ぶりのブログでしょうか?

新年も迎え、あっという間の1カ月、

年々、時間が経つのを早く感じる、今日この頃です。

今、歯科医院の内装工事をさせていただいてます。

今日は、外部の塗装工事、濃紺を塗装すると建物が引き締まった感じがします。

あけまして おめでとう ございます。

あけまして おめでとう ございます。

旧年中は、大変お世話になりありがとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

2012年が皆様にとって幸多き一年となりますよう

心より お祈り申し上げます。

                 平成24年1月2日

                (有)鞠子建設社員一同

2 / 212